株式会社オサチ | フラミンガム危険リスクについて

フラミンガム危険リスク(フラミンガムスコア)について

フラミンガムスコアは、マサチューセッツ州フラミンガム地区で実施された数十年にわたる研究(NHLBI's Framingham Heart Study, a predominantly
Caucasian population in Massachusetts, USA)に基づくもので、年齢、性別、総コレステロール、HDL(善玉)コレステロール、収縮期血圧、喫煙の有無からリスクスコア合計を求め、相当する心血管10年リスクを評価するものです。

血液資質検査値

  • 各検査値に対応したスコアが表示されます。
  • Fram.jpg
  • 全ての検査値と設問の回答が入力されると合計ポイントが算出されます。合計ポイントからフラミンガムスコアが算出されます。
  • score.jpg

フラミンガムリスクの年齢別表示との比較

  • 結果の目安として、同年齢の低リスク群(※1)・標準群における発症リスクと比較します。
  • Fra_m2.jpg
  • Fra_f.jpg
  • ※1低リスク群: 正常血圧、総コレステロール値160~199mg/dl、HDLコレステロール値 男性45mg/dl、女性55mg/dl、非喫煙、非糖尿病

(出典情報・留意点)
ソフトウェアで使用されているフラミンガムリスク分析は、「Wilson, D'Agostino, Levy et al. 'Prediction of Coronary Heart Disease using Risk Factor Categories', Circulation 1998」に基づくものです。本研究が、心臓病の既往がない人を対象とした今後10年以内の冠動脈疾患のみの発症予測であること、米国白人の値であることなどを考慮して、ご使用ください。